<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

書きたくなる!

2月11日、12日の2日間、「コミュニケーション上達法」に参加しました。
名づけて「話す/聞く/書く30倍上達法」です。

今年からブログやmixiを始めたものの、いまひとつ「書く」を身近に感じることができずにくすぶっていました。そこで、今回は「書く」のレクチャーと実習を楽しみにしていました。

そこで、私の参加の目的は、
「書きたくなること」「すっと書けること」「コツというか勘をつかむこと」でした。
f0034335_2210872.jpg

元新聞記者が講師ですから、取材の仕方から文章へのプロセスがつまり「プロ」なわけです。さすがでした。「5W1H」の言葉だけはもちろん知っていましたが、新聞と週刊誌ではその要素が違うとか、トップニュースのからくりなど、次から次へと興味深い話が続きます。
「話す、聞く」の実習を重ねながら、「思い描く」「キャラクターをはっきりさせる」ことに向かってすすんでいきます。2日目の午後から、机を出して、いよいよ原稿用紙に書く実習です。
「表題」を出されて、5分ぐらいで原稿用紙に2百字で書いていきます。
久しぶりの大学の授業を受けているみたいでワクワクしました。

話す時は「これを話します」という目的をもって伝える。
聞く時は「これを聞きたいです」と伝えてから聞くと相手も安心してその準備をしてくれる。
書く時は「私はこういう人です」というキャラクターをはっきりさせて書く。書き手のキャラクターによって、同じ出来事でも違った見方になるわけです。

さて、私が今回目的にしていたことの一つ、「書きたくなる」は達成しました。
おかげ様でその後はブログも更新。
あとの二つは、今後の自分を観察して達成されたかどうかをジャッジすることにします。

興味のある方はこちらをご覧ください。

◆「キャラクター完成法」 書く作業 30倍上達!
http://masami55.com

・・・やすこ・・・
[PR]

by zico10kashima | 2007-02-22 22:21 | 日記  

西巣鴨郵便局

地蔵通りのはずれに小さな郵便局があります。
西巣鴨に住んで10年になります。
この「西巣鴨郵便局」は私にとって、西巣鴨が好きな理由の
ひとつである大事な場所です。
f0034335_1659207.gif

仕事で日中は留守にしているので、郵便局の不在票が入っていること
がわりとよくあるのです。
再配達も時間が拘束されるのであまりよくないし、豊島郵便局にとりに行くには
電車かバスに乗らなくてはならないので、西巣鴨郵便局に転送してもらいます。

利用する人にお年寄りが多いためか、小さな郵便局だからなのか、
とにかく職員の皆さんが優しいのです。

「癒される郵便局」としておすすめです。

めんどうくさいなーなんて気持ちもなく、郵便局に用事があるのが嬉しいぐらいなのですから不思議です。

仕事に行く前に、寄ってから出勤することもあります。
9時ジャストに入って用事をすませれば、10時からの授業にも何とか間に合います。

そうそう、待たされることが一度もないのも魅力です。
程よいのです。
人口が増えすぎて、みんな競争、イライラ、ギスギスなんてこととは無縁の世界。
のーんびりと、それでいて、きちんと対応してくれるので、ステキです。

f0034335_1703541.gif

今朝も、寄ってきたので、ご紹介いたしました。
利用客は、私とおばあちゃんの2人でした。
「2月だってのにあったかいわねー」なんて、隣の窓口で話していましたよ。
おかげさまで私も、ほのぼのしながら、出勤しました。

・・・やすこ・・・
[PR]

by zico10kashima | 2007-02-19 17:04  

出逢いました!

昨日の夜、7時半ごろ、本郷から板橋の友達の家に向かう車でのことです。
千葉から運転してきた友達の車に乗り込み、3人で、食料の買出しをしてから
板橋へ向かう予定でした。
私は、後部座席に座りました。大通りから一本入った道を走っていたら、
目の前にそば屋の出前帰りのバイクがいたのです。空のおかもちが少し揺れていました。
その後姿は赤いジャンパー姿です。

「あージャンパー!!!」

あまりに突然大声を出したので、友達2人は「どしたのどしたの、何何、どれ」
とあわてていました。
運転している友達も振り返って、危ないです。

バイクのお兄ちゃんの、その背中には「12」と大きくかかれ、その両脇に、
あの見慣れたシカの角が張り出していました。

「いたー!!アントラーズのサポーターがこんなところにー!!」
車の中で「こんにちは」「がんばってるねー」などと大きな声でひとり言。

「12」は12番目の選手という意味です。

「出逢っちゃいましたね」と私のことをよく知っている友達は私の気持ちを
ことばにしてくれました。
運転の彼女は、「何何、あーそういうことー」とやっと分かってくれました。
運転の彼女を「12」と「シカの角」だらけのカシマスタジアムに一度連れて行ってあげよう。
いや、運転して連れて行ってもらおうというべきでしょうか。

「今年こそ!」と、3月3日の開幕戦に向けてテンションが上がったのでした。
おそば屋のお兄ちゃん、がんばろうね。

f0034335_15514754.jpg


・・・やすこ・・・
[PR]

by zico10kashima | 2007-02-17 15:53 | 日記  

必然性

2日間のPCインストラクターコースを担当した2日目の朝、ホワイトボードに
本日のキーワードは
「支援」と「必然性」
と書いて、始めました。

自分の都合ではなく、テキストにそう書いてあるからではなく、「受講者に合わせた講習だから、だからこうする」という必然性です。
どうして、その操作をするの、何のために、それをするとどう役立つの?を探求していくのです。

f0034335_20534160.gif
f0034335_205419.gif

私も、最初はわずらわしいと思いながら、「いったいどうすすめればいいの?」ととまどっていましたが、この頃はその筋道がおもしろくなってきたのです。「受講者に合っているかどうか?!」



答えはないけど、答えはある。
このあいまいそうで、実は、ピタッとくるところは、絶対あるという・・・。

「Why」なぜ、をしばらく楽しんでいけそうです。

・・・やすこ・・・
[PR]

by zico10kashima | 2007-02-15 20:56 | 日記  

思い描く・・・

1月31日と2月7日の2日間、私の勤めているPC塾でのことです。
PCインストラクターの資格を取得するための講習会を行いました。
2日間、私ともう一人、男性講師の2人で講習を担当しました。

今までもマイクロソフト認定のインストラクター資格取得コースはありましたが、
昨年11月から制度が変わりました。
それまでは、講習会に参加することが資格取得の条件でしたが、新しい制度では、
2日間講習修了後、課題をマイクロソフトの事務局に提出して、合否の判定がある、
いわゆる試験制度になったのです。

新制度は、コミュニケーションの高いスキルが要求されます。
これまでは、テキストをわかりやすく、親切に教えることのできるインストラクターを養成して
いましたが、今回は受講者に合わせた講習を行えるインストラクターを養成することが目的に
なりました。
合否の判定でも、講習の内容が受講者に合っているかどうかが問われます。

従って、こういう受講者だったら、きっとこんなことをニーズとしてもっていて、
こんな講習を行ったら満足していただけるだろうということを描いて、コース設計をし、
授業を組み立てる必要があります。

「こんな」ってどんな?

なのです。

そこで、PCを使わない「コミュニケーション上達法」というコースをインストラクターコースに
先がけて開催しました。
その名も「話す、聞く、書く30倍!上達法」です。初回は昨年12月17日の1日間でした。
全国から60名集まりました。
講師は、元新聞記者です。経済界の要人や、いわゆる大物の単独インタビューを30代で
とりおこなっていた人です。
そして、第2弾は1月6・7日の2日間。第3弾は2月11日・12日の2日間でした。

「こんな」ってどんな?
は相手の立場、相手の身になってみることからはじまりそうです。

2月のコミュニケーション上達法も2日目後半。
書く実習の中の1つに、とてもおもしろいものがありました。
「今日のお昼ご飯」という題で、みんなでお弁当を食べたことを
原稿用紙に書くのです。
5分程度で200字です。
原稿用紙の名前の上に「三年一組」とつけて、小学校3年生になって書いてみる。
次は、「代表取締役」になって書いてみる。
そして、その次、講師の先生が言いました。
「あなた、牛になりなさい」
「君は、ノミ」
「あとはみんな、何になるか自分で考えて決めましょう。
人間以外です。
架空のものでもいいです。」

怪獣とか、お化けでも・・・。
「へっ?・・・」
じゃ、きりんにしておこう。

講師の先生が言いました。
「みんな決まったかな?
はい、今決めたものになって、『今日のお昼ご飯』という題で書いてみよう。
お箸持てないから大変だよ・・・ふっふっふ
まぁまぁ書いてご覧なさい。」

なに~???
しかし、まずは書かないと・・・・。

なまこさんや金魚さんや傘おばけさんや、ホルスタインさんやダンゴムシさんやヤギさんなどの
「今日のお昼ごはん」の発表を聞きました。
もう、笑いころげました。
すっかり子どもの気持ちになっていました。

今朝、職場に行って、次回のインストラクターコースのカリキュラムの打ち合わせをしました。
次回のインストラクターコースは2月17日です。
「受講者に合わせる授業とは?」いよいよ課題作成に向けての大詰めです。

そうだ!なまこさんや金魚さんよりは、PCを勉強にいらっしゃる受講者の方が何を望んでいるか思い描く方が、いくらなんでも身近なことです!!
受講者になったと思って、その要望やニーズを思い描いてみることですね。
この「話す、聞く、書く30倍上達法」は奥が深いと思った次第です。

インストラクター志望の方でなくてももちろん大いに役に立つと思いますので、ぜひ、次の機会にはご参加くださいませ。

・・・やすこ・・・
[PR]

by zico10kashima | 2007-02-13 18:36 | 日記  

私の新年!

今日は2月1日。
私の年明けは、昨年も今年も1ヵ月遅れている感覚です。

1月29日に鹿島アントラーズの2007年シーズンのスローガン・新体制・新背番号が発表になりました。今年のスローガンは「FOOTBALL DREAM ‘07Spirits」です。
Jリーグの各チームが次々に発表する中、「出遅れてるー 大丈夫かなー」とひそかにあせっていました。

「よーし」とやっと私の新しい年になりました。
f0034335_1924262.gif

オズワルド オリヴェイラ新監督が来日し、こんなコメントを発表しました。

「日本に魅力を感じ、日本サッカーで仕事をしたいと思っていた中でアントラーズに監督として就任できたことを光栄に思います。
日本の習慣・文化に触れながら、アントラーズでは素晴らしい仕事をしていきたいと思っています。
また、国際経験の豊富な選手・スタッフも加わって、ブラジルの家といっていい、このアントラーズで過去の栄光を取り戻せるような指導法でやっていきたいと、今は期待でいっぱいです。」

♡はい、私も期待でいっぱいです。

「ブラジルの家」という言葉をきいて、ちょっと込み上げてしまいました。これまでにジーコをはじめ、サントス、アルシンド、ジョルジーニョ、レオナルド、マジーニョ等、たくさんのブラジル人選手が来て、活躍してくれました。「ブラジルの家」・・・いいなぁと思いました。

オズワルド・オリヴェイラ新監督(56)は、2000年にコリンチャンス(ブラジル)をクラブ世界一に導いた名将です。選手の個性を生かす“ジーコ・イズム”の継承と3冠(Jリーグ・ナビスコカップ・天皇杯)奪取を宣言しています。チームの指針を表明したオリヴェイラ監督は“ジーコ・イズム”の継承をきっちり口にしました。

アントラーズは9冠目を決めた2002年のナビスコ杯優勝から4シーズン無冠です。昨年は、ナビスコカップの決勝にすすんだだけで、スタジアムに駆けつけた私とサポーターのネモトさんは、お祭り気分で、盛り上がっていました。かつては決勝まできて負けたら、もう、怒りと悲しみのどん底だったのに、「こんなにワクワクするのって久しぶりだね」なんて言ってしまったのです。ジェフに2-0で負けてしまったのですが、「まあ、今の実力からいったら、よくがんばったほうだね」なんて。

★まずい、まずい。

オリヴェイラ監督は名門復活の課題として「チームは長年タイトルから遠ざかっている。勝つにはどうしたらいいのか、勝ちグセみたいなものを植えつけていきたい」と失われつつある『勝者のメンタリティー』を取り戻すことを掲げました。

そうだ!名門復活だ!頑張ろう!!
まさに、アントラーズと私たちサポーターの「FOOTBALL DREAM ‘07Spirits」が始まりました。

必勝祈願!!!

f0034335_19354873.jpg






・・・やすこ・・・
[PR]

by zico10kashima | 2007-02-01 19:38 | 日記